コーギーちゃんねる

2ちゃんねるの芸能、スポーツなんかを適当にまとめてるブログだよ。

カテゴリ: 競泳

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/05/09(日) 10:54:50.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/X5HAOlG.gif 5/9(日) 10:30
東スポWeb

【競泳】池江への誹謗中傷に中国メディアも注目「ネット上で暴力にさらされた」
池江璃花子
 競泳女子で東京五輪代表の池江璃花子(20=ルネサンス)が発した��長文メッセージ�≠ェ中国でも大きな話題となっている。

 新型コロナウイルス禍の影響で東京五輪の開催を危惧する声が飛び出す中、池江は7日に自身のツイッターで、誹謗中傷を受けていると告白。このツイートは瞬く間に拡散され、ネット上ではさまざまな意見が飛び交った。

 このツイートを中国メディア「新浪体育」も注目。「白血病を克服した選手が、ネット上で五輪に反対する人たちに日本代表を辞退するように求められた」との見出しを立て「白血病を患っている日本代表の池江璃花子が、自身のSNSで『辞退してほしい』『反対に声をあげてほしい』というメッセージが届いたと明かしました。この投稿は、ネット上で騒がれ、ホットな話題となった」と報じた。

 その上で「病気後初の公の場で『生きていることが奇跡』と語っていた池江がもう一つの奇跡を起こした。3年ぶりに出場した4月の日本選手権で4冠を達成し、五輪オ出場を決めました」などと、一連の復活劇を詳細に説明した。

 中国でも池江の泳ぎは多くの人たちの関心を集めていた。そのため、一部の人たちによる池江への攻撃を「今度は突然、ネット上で暴力にさらされ、日本代表の辞退と五輪の反対を要求された。波瀾万丈の人生は、病気だけでは終わらなかった」と報じた。

 池江への誹謗中傷については、中国のネット上でも批判の声が相次いでいるだけに、波紋はまだまだ収まりそうにない。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210509-03134757-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b8666bf1e57478031d812746262132b1182f085

続きを読む

1 :Time Traveler ★:2021/04/15(木) 13:57:25.75 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8SFH9Z0.gif  東京五輪で2種目の出場権を獲得した、池江璃花子(20)。白血病からの奇跡的な復帰の陰には、彼女が通う日本大学の “愛の支え” があった。

「日大は、2016年にスポーツ科学部を創設し、五輪を目指すアスリートの養成に本格的に乗り出しました。2019年に池江は入学しましたが、プールの設備を刷新し、学内では『池江専用プール』と呼ばれるほどです。

 さらに、水泳部の監督は、日本水連の副会長を務めています。施設面でも人材面でも全面的にバックアップされたことで、池江も恩義を感じていますが、田中英壽理事長は、『俺のおかげで池江は五輪に出場できた』と思っているでしょうね」(日大関係者)

 他方、池江の闘病生活に関わったとされる人物がいる。“昭和の怪物芸人” なべおさみ(81)だ。2019年夏に『週刊新潮』が、なべの自宅を訪れる池江の姿を掲載。なべは「手をかざすことで病を癒やすことができる」と周囲に語り、ガンで胃を摘出した王貞治氏を回復させたと自著に綴っている。

 その噂を聞いた池江は知人を介してなべと知り合い、“施術” を受けていたという。さらに今回本誌は、なべに近い関係者から、ある証言を得た。池江は、なべからもらったパワーストーンを、肌身離さずに持っているというのだ。

「天然ウランを含む鉱石で、北朝鮮で採掘された石だそうです。放出されるごく微量の放射線が血流をよくし、疲労の蓄積が少なくなることから、ハードワークへの耐性も高まるということでした」

 一度は東京五輪を断念した池江だが、謎の石が奇跡をもたらしたのか?

投稿日:2021.04.13 06:00
https://smart-flash.jp/sports/138897
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1618450719/

続きを読む

1 :Time Traveler ★:2021/04/15(木) 10:38:39.98 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/9gL7uRr.gif  東京五輪で2種目の出場権を獲得した、池江璃花子(20)。白血病からの奇跡的な復帰の陰には、彼女が通う日本大学の “愛の支え” があった。

「日大は、2016年にスポーツ科学部を創設し、五輪を目指すアスリートの養成に本格的に乗り出しました。2019年に池江は入学しましたが、プールの設備を刷新し、学内では『池江専用プール』と呼ばれるほどです。

 さらに、水泳部の監督は、日本水連の副会長を務めています。施設面でも人材面でも全面的にバックアップされたことで、池江も恩義を感じていますが、田中英壽理事長は、『俺のおかげで池江は五輪に出場できた』と思っているでしょうね」(日大関係者)

 他方、池江の闘病生活に関わったとされる人物がいる。“昭和の怪物芸人” なべおさみ(81)だ。2019年夏に『週刊新潮』が、なべの自宅を訪れる池江の姿を掲載。なべは「手をかざすことで病を癒やすことができる」と周囲に語り、ガンで胃を摘出した王貞治氏を回復させたと自著に綴っている。

 その噂を聞いた池江は知人を介してなべと知り合い、“施術” を受けていたという。さらに今回本誌は、なべに近い関係者から、ある証言を得た。池江は、なべからもらったパワーストーンを、肌身離さずに持っているというのだ。

「天然ウランを含む鉱石で、北朝鮮で採掘された石だそうです。放出されるごく微量の放射線が血流をよくし、疲労の蓄積が少なくなることから、ハードワークへの耐性も高まるということでした」

 一度は東京五輪を断念した池江だが、謎の石が奇跡をもたらしたのか?

投稿日:2021.04.13 06:00
https://smart-flash.jp/sports/138897

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/04/10(土) 17:34:28.34 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/iMXzsWz.gif 4/10(土) 17:23
スポニチアネックス

池江璃花子、4冠締め!50M自由形で優勝、個人での五輪切符獲得ならずも「4冠凄く嬉しい」
池江璃花子
 ◇競泳日本選手権最終日(2021年4月10日 東京アクアティクスセンター)

 東京五輪代表選考を兼ねて行われ、白血病から復帰した池江璃花子(20=ルネサンス)は女子50メートル自由形決勝で24秒84をマークし、優勝。大会4冠を果たした。

 前日の準決勝では全体1位の24秒87で通過。復帰後の自己ベストは2月のジャパン・オープンで出した24秒91だった。同種目の派遣標準記録24秒46を突破した上で上位2人以内に入れば東京五輪代表に内定するが、惜しくも逃した。

 今大会は手足の冷えに苦しんでいた。会場は五輪本番でも使用される東京アクアティクスセンター。建物が広く控え室からメーンプールへの移動には廊下を通る必要があり、更衣室からサブプールの距離もある。「もともと冷え性なので体が温まらない。それだけで50メートルは感覚が変わる」。分厚い靴下を履き、湯たんぽを使用。レース前のアップをプールに入らずに陸上トレだけにするなど工夫を凝らした。

 8日間で計11本のレースに出場。序盤に最も負担の大きい100メートルバタフライを泳いだ影響もあり、疲労は日を増すごとに蓄積された。終盤は顔の血色がよくないようにも見え「疲れが顔に出ているのかもしれない」。病気前は無頓着だったクールダウンを入念に行い、連日できる限り早く就寝。起床後に体が重くても、あえて「今日も大丈夫だ」と思い込むことで自己暗示をかけていた。

 今大会、池江は4日の100メートルバタフライ、8日の100メートル自由形で優勝して2冠を達成。リレーの2種目で五輪に内定していた。最終日のこの日、非五輪種目の50メートルバタフライで優勝し、50メートル自由形も制覇。4冠という最高の形で日本選手権を締めた。

 ▼池江璃花子「(50メートルバタフライから1時間後のレース)もう少し(タイムは)上げられるかなと思ったが4冠達成できて凄く嬉しい。レース直前、ぎりぎりまで勝てるか勝てないか不安があったが、入場した瞬間に“絶対勝つ”と意気込んだ。本当にこれからどんどんタイムを上げていくための課題が見つかり、それを楽しみにして頑張りたい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/29d08e12922d4caee24c7cce2b1891f1f331d468

続きを読む

1 :ひかり ★:2021/04/07(水) 13:40:58.25 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NT2hJbd.gif  水泳の池江璃花子(20)が5日、ツイッターを更新。「努力は必ず報われる」という言葉について自身の思いを語った。

 池江は4日行われた日本選手権兼五輪代表選考会の女子100メートルバタフライで優勝し東京五輪パラリンピック出場を内定させた。

 レース後には「苦しくてもしんどくても努力は報われるんだなと思いました」と涙ながらに語った。

 このニュースに陸上の藤光謙司は4日、ツイッターで「本当にすごい!!すごく勇気をもらいますね 本当におめでとうございます」と祝福。その上で5日には「努力は必ず報われる。スポーツの世界でもよく聞く言葉だ。そんなニュースを目にすると僕自身も勇気をもらったりする。しかし、勝者=報われるという考えだと大半の人の努力が報われていないことになる。正しい努力とは一体何なのか」とアスリートならではの思いをつづった。

 池江は藤光の投稿をリツイートし「確かに深く考えさせられる言葉ですね…。自分の過去では、努力してた先に『病気』が待ち受けてて、積み重ねてきた“努力”が全て無駄になった気がしました。パリを目標と言っていた心のどこかには東京五輪に行きたいという気持ちも少なからずあって、それを達成できたからこその言葉なのかも知れません」と自身の努力の過程を冷静に分析。

 その上で「どんな人も、努力はしてると思います。ただその努力という定義も難しいな、と思います。本気で目指してきたことをたとえ達成できなかったとしても、その努力は必ず誰かが見てて、誰かが勇気をもらえるのではないでしょうか」と前向きな言葉をつづった。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/13297675cd2a868726fa0772ff34b44f266512bd

★1が立った日時:2021/04/06(火) 13:52:36.61

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617699676/

続きを読む

1 :muffin ★:2021/04/06(火) 18:01:16.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/SRTvoV0.gif  水泳の池江璃花子(20)が5日、ツイッターを更新。「努力は必ず報われる」という言葉について自身の思いを語った。

 池江は4日行われた日本選手権兼五輪代表選考会の女子100メートルバタフライで優勝し東京五輪パラリンピック出場を内定させた。

 レース後には「苦しくてもしんどくても努力は報われるんだなと思いました」と涙ながらに語った。

 このニュースに陸上の藤光謙司は4日、ツイッターで「本当にすごい!!すごく勇気をもらいますね 本当におめでとうございます」と祝福。その上で5日には「努力は必ず報われる。スポーツの世界でもよく聞く言葉だ。そんなニュースを目にすると僕自身も勇気をもらったりする。しかし、勝者=報われるという考えだと大半の人の努力が報われていないことになる。正しい努力とは一体何なのか」とアスリートならではの思いをつづった。

 池江は藤光の投稿をリツイートし「確かに深く考えさせられる言葉ですね…。自分の過去では、努力してた先に『病気』が待ち受けてて、積み重ねてきた“努力”が全て無駄になった気がしました。パリを目標と言っていた心のどこかには東京五輪に行きたいという気持ちも少なからずあって、それを達成できたからこその言葉なのかも知れません」と自身の努力の過程を冷静に分析。

 その上で「どんな人も、努力はしてると思います。ただその努力という定義も難しいな、と思います。本気で目指してきたことをたとえ達成できなかったとしても、その努力は必ず誰かが見てて、誰かが勇気をもらえるのではないでしょうか」と前向きな言葉をつづった。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/13297675cd2a868726fa0772ff34b44f266512bd

★1が立った日時:2021/04/06(火) 13:52:36.61
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617684756/

続きを読む

1 :ひかり ★:2021/04/06(火) 13:52:36.61 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5lkq40v.gif  水泳の池江璃花子(20)が5日、ツイッターを更新。「努力は必ず報われる」という言葉について自身の思いを語った。

 池江は4日行われた日本選手権兼五輪代表選考会の女子100メートルバタフライで優勝し東京五輪パラリンピック出場を内定させた。

 レース後には「苦しくてもしんどくても努力は報われるんだなと思いました」と涙ながらに語った。

 このニュースに陸上の藤光謙司は4日、ツイッターで「本当にすごい!!すごく勇気をもらいますね 本当におめでとうございます」と祝福。その上で5日には「努力は必ず報われる。スポーツの世界でもよく聞く言葉だ。そんなニュースを目にすると僕自身も勇気をもらったりする。しかし、勝者=報われるという考えだと大半の人の努力が報われていないことになる。正しい努力とは一体何なのか」とアスリートならではの思いをつづった。

 池江は藤光の投稿をリツイートし「確かに深く考えさせられる言葉ですね…。自分の過去では、努力してた先に『病気』が待ち受けてて、積み重ねてきた“努力”が全て無駄になった気がしました。パリを目標と言っていた心のどこかには東京五輪に行きたいという気持ちも少なからずあって、それを達成できたからこその言葉なのかも知れません」と自身の努力の過程を冷静に分析。

 その上で「どんな人も、努力はしてると思います。ただその努力という定義も難しいな、と思います。本気で目指してきたことをたとえ達成できなかったとしても、その努力は必ず誰かが見てて、誰かが勇気をもらえるのではないでしょうか」と前向きな言葉をつづった。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/13297675cd2a868726fa0772ff34b44f266512bd

続きを読む

1 :ひかり ★:2021/04/05(月) 11:50:06.85 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/x7Nl7Gk.jpg  東京オリンピックの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は4日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子100メートルバタフライ決勝で白血病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)が57秒77で優勝した。池江は400メートルメドレーリレーのオリンピック派遣標準記録(57秒92)を突破し、リレーメンバーとしてのオリンピック代表に内定した。
 池江選手は、ゴール後のインタビューでは涙ぐみながら「100メートルで優勝できると思っていなかった。何番でもここにいられることに幸せを感じようと思ってやってきた。自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたけれど、勝つための練習もしっかりやってきたし、努力は必ず報われるんだなと思った」と喜びを語った。
 この種目は、池江が日本記録(56秒08)を持ち、2018年まで日本選手権で3連覇した得意種目。復帰後初の決勝レースだった今年2月20日の東京都オープン決勝から約1か月半で1秒67もタイムを縮めた。
 2019年2月に白血病であることを公表した池江は闘病生活を経て、昨年8月に実戦に復帰。2024年パリ大会を最大の目標としながら、今夏の東京大会に向けても「可能性があるなら頑張りたい」と話してきた。

読売新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/68714e6da88f06f1d45d3eb46668c0010be10abc
https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50061-1.jpg

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617528108/

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617545563/

続きを読む

1 :ひかり ★:2021/04/04(日) 23:12:43.12 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/2rwex9c.gif  東京オリンピックの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は4日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子100メートルバタフライ決勝で白血病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)が57秒77で優勝した。池江は400メートルメドレーリレーのオリンピック派遣標準記録(57秒92)を突破し、リレーメンバーとしてのオリンピック代表に内定した。
 池江選手は、ゴール後のインタビューでは涙ぐみながら「100メートルで優勝できると思っていなかった。何番でもここにいられることに幸せを感じようと思ってやってきた。自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたけれど、勝つための練習もしっかりやってきたし、努力は必ず報われるんだなと思った」と喜びを語った。
 この種目は、池江が日本記録(56秒08)を持ち、2018年まで日本選手権で3連覇した得意種目。復帰後初の決勝レースだった今年2月20日の東京都オープン決勝から約1か月半で1秒67もタイムを縮めた。
 2019年2月に白血病であることを公表した池江は闘病生活を経て、昨年8月に実戦に復帰。2024年パリ大会を最大の目標としながら、今夏の東京大会に向けても「可能性があるなら頑張りたい」と話してきた。

読売新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/68714e6da88f06f1d45d3eb46668c0010be10abc
https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50061-1.jpg

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617528108/

続きを読む

1 :ひかり ★:2021/04/04(日) 17:15:31.53 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/syFbLQc.gif  東京五輪日本代表選考会を兼ねた競泳日本選手権第2日は4日、東京アクアティクスセンターで行われ、白血病から復帰した池江璃花子(20=ルネサンス)は女子100メートルバタフライ決勝で57秒77をマークして優勝した。

 3年ぶりの日本選手権出場となった池江は、3日の同種目予選は58秒68の全体2位で通過。準決勝ではさらにタイムを上げて58秒48をマークし、全体3位で決勝へ進出した。レース後は「明日(決勝)はリラックスして泳げるんじゃないかな」と話していた。

 池江は長期の入院生活を経て、昨年8月に実戦復帰。100メートルバタフライは2月20日の東京都オープンで復帰後初めて泳ぎ、予選は1分0秒06、決勝は59秒44。3日の予選は58秒68、準決勝は58秒48と右肩上がりにタイムを縮めている。東京五輪の派遣標準記録は57秒10だが「今の自分は前から言っている通り、東京五輪がメインじゃない」と24年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げており、前日は「しっかり上位に食い込めるようにすること。ここで経験を積んでおいて、準決勝より速いタイムで泳げたらいい」と冷静に語っていた。

 今大会では50メートル、100メートルの自由形と、五輪で行われない50メートルバタフライにも出場予定。8日間で最大11レースをこなすハード日程となる。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/81b1e81569ccfbe9fb0db4add4ba615121e80298

続きを読む

1 :ひかり ★:2021/04/04(日) 18:21:48.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AtyOhlA.gif  東京オリンピックの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は4日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子100メートルバタフライ決勝で白血病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)が57秒77で優勝した。池江は400メートルメドレーリレーのオリンピック派遣標準記録(57秒92)を突破し、リレーメンバーとしてのオリンピック代表に内定した。
 池江選手は、ゴール後のインタビューでは涙ぐみながら「100メートルで優勝できると思っていなかった。何番でもここにいられることに幸せを感じようと思ってやってきた。自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたけれど、勝つための練習もしっかりやってきたし、努力は必ず報われるんだなと思った」と喜びを語った。
 この種目は、池江が日本記録(56秒08)を持ち、2018年まで日本選手権で3連覇した得意種目。復帰後初の決勝レースだった今年2月20日の東京都オープン決勝から約1か月半で1秒67もタイムを縮めた。
 2019年2月に白血病であることを公表した池江は闘病生活を経て、昨年8月に実戦に復帰。2024年パリ大会を最大の目標としながら、今夏の東京大会に向けても「可能性があるなら頑張りたい」と話してきた。

読売新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/68714e6da88f06f1d45d3eb46668c0010be10abc
https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50061-1.jpg

続きを読む

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/02/21(日) 16:14:30.18 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZiFyord.jpg 2/21(日) 16:01配信
スポニチアネックス

池江璃花子

 ◇競泳・東京都オープン最終日(2021年2月21日 東京辰巳国際水泳場)

 白血病からの完全復活を期す池江璃花子(20=ルネサンス)が21日、東京都オープン女子50メートルバタフライの決勝に登場。25秒77で優勝した。

 予選に続いて、4月の日本選手権(3〜10日、東京アクアティクスセンター)の参加標準記録(27秒52)も難なく突破した。

 昨夏の復帰から5戦目。大会初日には復帰後初となる19年1月以来の100メートルバタフライに出場した。59秒44で3位に入ったが、16年リオデジャネイロ五輪で5位に入った本命種目の内容に「自信をなくしかけたのが正直な気持ち」と吐露。東京五輪代表選考を兼ねる日本選手権は50、100メートル自由形も突破しているが、出場種目については「(西崎勇)コーチと話をして今後検討して決めたい」としている。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210221-00000150-spnannex-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/cbf587238f84dcd43960f4f89b8104ecfe6564a4

続きを読む

↑このページのトップヘ