コーギーちゃんねる

2ちゃんねるの芸能、スポーツなんかを適当にまとめてるブログだよ。

カテゴリ: プロ野球

1 :あずささん ★:2021/04/17(土) 16:54:49.14 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/h8tLWBb.gif 2012年から8年8か月継続も…「ホームランでの失点がもったいなかった」

■日本ハム 4ー1 楽天(17日・東京ドーム)楽天の田中将大投手が17日、国内復帰後初の公式戦となる日本ハム戦(東京ドーム)に先発した。初回に中田から先制2ランを浴びると、2回には先頭の石井にソロを被弾。5回4安打3失点でリードを許して降板し、チームは1-4で敗戦。田中将にとっても、2012年8月から続いてきた国内連勝のプロ野球記録が28でストップした。

先頭の西川を148キロのストレートで空振り三振に仕留めると、続く渡邉は遊撃の小深田の好守にも助けられて遊ゴロに。しかし、近藤に1球もストライクが入らずに四球を与えると、迎えた4番・中田に154キロのストレートを捉えられ、左中間スタンドに2ランを浴びていきなり2点を失った。

その裏に味方打線が1点を返して迎えた2回、先頭の石井にど真ん中のスライダーを右翼スタンドに運ばれてソロを被弾した。3回は3者凡退で、4回は1死一塁から投手ライナーを好捕して併殺に。5回も2三振を奪うなど3人で終えて立ち直ったが、まだ75球ながら5回でお役御免。2本塁打を含む4安打、1四球、3失点で、防御率5.40。降板後、広報を通じて「序盤、ホームランでの失点がもったいなかったです」と淡々と振り返った。

8年ぶりの古巣復帰で注目を集めてきた田中将。渡米前の2013年には開幕からシーズン24連勝を達成し、2012年8月26日の日本ハム戦から28連勝のプロ野球記録を継続したままヤンキースで7年間過ごした。2013年11月3日の巨人との日本シリーズ第7戦以来、2722日ぶりの国内公式戦となったこの日、NPB通算100勝の節目もお預けに。8年8か月に渡って続いてきたプロ野球記録もついに途絶えた。

ソース/Full-Count
https://full-count.jp/2021/04/17/post1074428/

続きを読む

1 :jinjin ★:2021/02/05(金) 21:49:04.89 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tkQRpIt.jpg 「他球団も見られるバイブル」 
目から鱗の巨人桑田コーチ補佐“指導動画”が大反響


巨人の桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐が春季キャンプで“桑田塾”を開校した。菅野ら巨人投手陣にフィールディング指導する姿を球団公式YouTubeが公開。

実際に桑田氏の指導の声が届けられている。
ファンからは「説得力しかない」「簡潔丁寧、無駄無し」とコメントが。普段は見られない貴重な動画となっている。


現役時代に投手最多タイとなる8度のゴールデングラブ賞を獲得した桑田氏が、東京ドームで行われているS班投手陣をマウンドに集めた。
投内連携の際に必要な3つのポイントを伝授した。

1ボールとベースに近づくにつれて小刻みなステップ 2声とジェスチャー 3送球は真っすぐ低く——この3点を伝えた。

「送球は真っすぐ低く、ワンバウンドでもいい。試合で握れないこともある。真っすぐ低くなら野手が取ってくれる。高いボール、横は取れない」。


桑田コーチ補佐の丁寧かつ分かりやすい指導にナインも真剣な眼差しで頷く姿が。
小刻みなステップの使い方は勉強になる。

そのほかにもファンからは「役立つ意識がたくさん」「これ他球団も見られるバイブル」「参考になる」と、どのカテゴリーの選手たちにも生かせる動画となっている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b421f520c6ed356d82509c14341b26959353f88b

【動画】「他球団も見られるバイブル」と絶賛 巨人桑田コーチ補佐が伝授したフィールディング動画
https://youtu.be/LU06rN0Dlfk

続きを読む

1 :Egg ★:2021/01/14(木) 19:33:23.23 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JUbr75N.jpg 1月7日に『FRIDAY DIGITAL』(講談社)が不倫を報じ、球界内外に波紋を広げているロッテ・清田育宏。その清田が球団から解雇処分を受けたのではとの噂がネット上のプロ野球ファンの間で浮上している。

 解雇説が持ち上がるきっかけとなったのは千葉ロッテマリーンズの公式オンラインショップサイトと、清田個人がマネジメント契約を結び所属しているスポーツマネジメント会社『パムズ』の公式サイトで起こった変化。ロッテ公式オンラインショップサイトは、13日午後9時から「緊急システムメンテナンス」との理由でサイトを一時停止。メンテナンスは現在(14日午後1時)まで終了していない。

 また、『パムズ』の公式サイトではマネジメント選手一覧に清田の名はあるものの、選手個人のページは「お探しのページはございません」と表示され見ることができなくなっている。その他のマネジメント選手は全員個人ページを閲覧できる状態のため、単なる不具合が原因ではないものと推測されている。

 今回の一件を受け、ネット上には「球団ショップのメンテナンスが長引いているのは不自然、不倫の件は球団もかなり怒ってるぽいしクビが決まったんじゃないか」、「オンラインショップだけなら単なる不具合って見方もできたけど、マネジメント会社のHPからも削除されてるからクビの可能性は高そう」、「クビ、自主引退、無期限謹慎と様々な可能性が考えられるが、いずれにせよ近いうちに何らかの処分が発表されるのでは」と憶測が飛び交っている。

 「清田の不祥事は不倫自体はもちろんですが、球団側に虚偽報告をしたという点が大きな問題となっています。清田は昨年10月の札幌遠征後に新型コロナ感染が判明したロッテ選手・関係者計14人のうちの1人ですが、球団側は当時『部外者との会食禁止』という感染防止対策を破った選手はいないと発表。

ところが、今回の報道では清田が札幌遠征中も不倫相手の女性と連日外食していたことが明らかになったため、清田が球団側にウソをついていたことが発覚しました。これに球団側も激怒しているようで、各報道では『事実確認をした上で厳正にしかるべき処分を行う』というコメントが伝えられています」(野球ライター)

 プロ野球ファンの間で憶測が飛び交っている今回の一件。実際に解雇処分となればさらに波紋が広がることは間違いないが、果たして今後の展開はどうなるだろうか。

2021年01月14日 13時30分リアルライブ
https://npn.co.jp/article/detail/200010516


写真
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTagibNgWZRP4qBlBvZEmFdXioE-qQ84V2fHBihpYbOhax0ayA&s

続きを読む

1 :jinjin ★:2021/01/13(水) 08:11:28.91 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/X8NrHIC.jpg 巨人は12日、球団OBで現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)が1軍の投手チーフコーチ補佐に就任すると発表した。
同氏がプロ野球の指導者になるのは初めて。背番号は恩師でもある元監督の藤田元司氏が付けた「73」に決定。
原辰徳監督(62)とともにオンライン会見に臨み、「指導者としてもエースになれるように」と決意を語った。


レジェンドが帰還する。
2006年の退団以来、15年ぶりにコーチとして巨人に復帰することが決まった桑田氏が、後進の育成を誓った。

 「原監督から大変やりがいのあるお話をいただいた。OBの1人として少しでも力になりたい。またジャイアンツのユニホームを着られるのは非常にうれしい」


肩書は「1軍投手チーフコーチ補佐」に決定。
試合中はベンチ入りはしない見込みだが、宮本投手チーフコーチの補佐として、主に技術面を指導することになりそうだ。


組閣は昨季終了後に発表されており、このタイミングでの就任は異例だが、オファーは原監督の強い要望だったという。
指揮官は宮本コーチの同意を得たうえで、昨年12月28日に山口オーナーに「気になる後輩がいる。戦力になってもらいたい」と相談。
1月5日に本人と会い、「『ぜひ野球界、ぜひジャイアンツのために!』と一寸の迷いもなく話を聞いてくれた」と説明した。


現役時代は、174センチと小柄ながら体を大きく使うプレーで、通算173勝を挙げた。原監督はそうした点も高く評価。
「入団したときは頼りなかった。しかしひとたびプレーするとこんなに大きく見えたピッチャーはいなかった。(小手先でプレーする選手に)まだ伸びると伝えてほしい」。
ソフトバンクに2年連続で4連敗を喫した日本シリーズで痛感したのは、パワーの差。よりスケールの大きい選手の育成を望んでいる。


東大大学院で特任研究員として研究してきた実績もあり、科学的な指導にも期待がかかる桑田氏は、
「われわれの時代はたくさん走ってたくさん投げろという時代だった。でも今はテクノロジーの進化で、フォームをすぐにコマ送りで見られる時代。自分の感覚と実際の動きが一致することが大事」と語る。

背番号は恩師・藤田元司さんが監督時代に付けた「73」に決まり、「藤田さんに恥じないように、指導者としてもエースになれるようにやっていきたい」と決意表明。電撃的な現場復帰を果たしたかつてのエースが、巨人を強くする。


https://news.yahoo.co.jp/articles/4e0662d5cc49c54642db2ed4b3ca85ba6c1fb636

続きを読む

1 :Egg ★:2020/12/30(水) 18:56:30.91 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/29vJSs8.png 東京ドームは12月17日、都内で臨時株主総会を開き、香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントが提案した長岡勤社長ら取締役3人の解任を求める株主提案をいずれも否決した。

 臨時株主総会は9.61%の株式を保有するオアシスの求めで開かれた。オアシスは現経営陣が非効率な経営を続けていると主張し、3人の解任を提案した。東京ドーム側は「現在の経営体制が最善」とし、株主提案に反対の意向を表明していた。同社が公表した臨時報告書によると、反対の割合は長岡勤社長が71.83%、社外取締役の森信博氏(元みずほコーポレート銀行副頭取)が64.46%、秋山智史氏(元富国生命保険社長)が66.51%だった。

 三井不動産がTOB(株式公開買付け)を実施中で、オアシスは「TOBに応じる」と表明していることから、株主総会を開催する意義はほとんどなかったといっていい。オアシスに対抗するホワイトナイト(白馬の騎士)として登場した三井不動産は、11月30日から21年1月18日まで東京ドーム株のTOBを実施中。TOB価格は1株1300円で買収総額は1205億円。三井不動産が東京ドームを完全子会社にしたのち、2割をプロ野球球団、読売ジャイアンツを傘下にもつ読売新聞グループ本社に譲渡する計画。

 東京ドームはTOBに賛同すると表明。大株主のみずほ銀行はTOBに応募する意向だ。三井不動産と読売が連携してドーム周辺を一体開発・運営して、家族連れで楽しめるボールパーク構想を推進する。

主力の東京シティドーム事業はプロ野球とコンサートが収益の2本柱
 三井不動産が買収した後、東京ドームの経営をどうするのかに焦点が移る。ボールパーク構想を進めるにしても、これは中期的な目標になる。新型コロナウイルス感染拡大が東京ドームの業績を蝕んでおり、赤字の東京ドームの立て直しが急務だ。

 コロナ前の20年1月期連結決算を見てみよう。売上高は前期比5%増の915億円、営業利益は2%増の117億円、純利益は15%増の80億円だった。東京ドームシティ事業が主力。東京ドームや東京ドームホテル、遊園地のアトラクションズ、温泉施設のラクーア、シティホール、後楽園ホールなどを運営し、売上高は696億円、営業利益は160億円。連結売上高の76%を稼ぎ出している。

 東京ドームの利用者数は前期比5%増の977万人。ジャイアンツの主催試合の入場者数は302万人。遊園地のアトラクションズの入場者数は591万人だった。東京ドームの稼働率は8割を超え、プロ野球はそのうちの3分の1程度。ジャイアンツに球場を貸し出し、賃料を取る一方、グッズの販売は東京ドームが仕入れて行うため、その収益は丸々東京ドームに入る

 コンサートについても会場の貸し出しのほか、自主興行も行っている。5万5000人を収容できる会場としてライブ公演に利用されてきた。プロ野球とコンサートを2本柱とするビジネスモデルが新型コロナの直撃を受けた。

プロ野球は観客数を制限、コンサートは中止が相次ぐ
 20年2〜4月期連結決算は売上高が前年同期比49%減の106億円、最終損益は37億円の赤字となった。2月以降はイベントの中止・延期が相次いだ。コンサートは1公演、プロ野球は無観客でのオープン戦5試合の開催のみとなり、関連商品の売り上げも減少した。

2020.12.30 06:05 ビジネスジャーナル
https://biz-journal.jp/2020/12/post_200010.html

写真
https://biz-journal.jp/wp-content/uploads/2020/12/1938981-1.jpg

続きを読む

1 :jinjin ★:2020/12/14(月) 22:37:03.80 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XcquPHD.jpg 原監督来季言及「1番梶谷2番坂本3番丸4番岡本」


21年度版「理想の巨人打線」の完成型に近づいた。
巨人は14日、東京ドームでDeNAから国内フリーエージェント(FA)権を行使した梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)の入団会見を実施した。

同席した原辰徳監督(62)は1番梶谷から始まる理想の上位打線案を披露。
井納には先発ローテーションの一角としてのフル回転を期待した。巨人は来年3月26日の開幕戦で、2人の古巣DeNAと対戦する。


期待の高さが、力強い声のトーンに重なった。
原監督は「2人の入団は非常に素晴らしいことです。ジャイアンツに足りないところに彼らの力を必要とした」と説明し、起用法に言及。

隣に座る梶谷に「1番、5番、非常にここ数年苦労しています。この辺を任せられる選手が入ってきた」と目を細めると
「理想の中では1番梶谷、2番坂本、3番丸、4番岡本。強いパーツが1人加わったという意味では、心強く思ってます」と思い描く来季オーダーを堂々と披露した。


梶谷加入で課題を一気に解消できる。
今季は1、2番に選手を臨機応変に配してリーグ2連覇を達成したが、日本シリーズではソフトバンクに4連敗。
最前線に打線の核を置く必要性が浮き彫りになった。
梶谷は1番打者で今季は打率3割超えで19本塁打。巧打に長打力、走力もある梶谷なら「2番坂本」との強力1、2番タッグを担える。


井納へのリクエストも先発ローテ入りにとどまらなかった。
「中5日、中6日、時には中4日で投げてもらいたい。150、200イニング近く投げてもらうことを考えています」とフル回転を待望した。
エース菅野はメジャー移籍を視野にポスティングシステムを申請。
プロ8年間、起用法不問で能力を発揮してきた右腕は、先発陣だけでなく救援陣をも助ける存在になりうる。


新天地で2人が輝くための協力は惜しまない。
「少々鼻が伸びているなという時は、ぽきっとする時もある」と笑わせつつ、「どういう形であってもしっかり後ろからサポートする」。
日本一奪還を口にして巨人のユニホームに袖を通した2人の肩に手を置き、共闘を約束した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/62bce564a9a40e914e7776c8c29330cfa4d8ae1b

続きを読む

1 :Egg ★:2020/12/10(木) 22:20:40.16 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ofbmoAb.jpg 元プロ野球選手で解説者の金村義明氏(57)が10日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9・00)に出演。
右肘じん帯損傷の影響で10年目で初めて1軍登板がなかった日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が11年目となる来季に臨むことについて、コメントした。

3年間勝ち星のない中での現役続行について金村氏は「個人的には好きで応援していた選手」としたうえで
「プロ野球で公平なんてほとんどない。ドラフト1位の契約金と7位の契約金が全然違ったり」とドラフト1位入団は優遇されていること示唆した。

年俸が1250万円(推定)になったことには「最高年俸4000万円くらいいってましたから、そこからジリ貧で本人はショックですけど、
3年間勝ってなくて本人がやりたいといえばやれる契約内容になっているかもしれない」と私見を述べた。

「藁を持つかも気持ちでやっていると思う」と斎藤の気持ちを推し量った金村氏だが、今年のキャンプで投球を見た感想は「ボールが遅い。
真っすぐか変化球か見分けがつかない。それぐらいのレベル。投球術はあるが、故障してから厳しい」と苦しんでいる現状を説明した。

2020年12月10日 22時12分 スポニチアネックス
https://news.livedoor.com/article/detail/19360836/

続きを読む

1 :Egg ★:2020/12/02(水) 19:52:21.99 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/HqNbrXA.jpg 今年の日本シリーズのソフトバンクの対巨人4連勝は、プロ野球全体に大きな衝撃を与えた。中には「1リーグ制にすべき」など、球界再編を示唆する意見さえ出てきている
。実は筆者も、現状のリーグの在り方を変えるべきではないかと思っている1人である。とはいえ、今挙がっている単純な1リーグ制には賛成できない。

韓国プロ野球(KBO)は、10球団による1リーグ制で、ポストシーズンはペナントレースの5位以上のチームによってプレーオフワイルドカード、準プレーオフ、プレーオフが争われ、
最後は優勝チームとプレーオフの勝者が韓国シリーズで対戦する。この方式だと、ペナントレースの勝率が4割台の5位のチームがチャンピオンになる可能性がある。
優勝チームが2週間も待たなければならないのも問題だ。またペナントレースが1つしかなく、単調になる。

2004年の「球界再編」騒動のときに、巨人などが提唱した1リーグ制は、巨人戦の放映権の恩恵をすべての球団が得ることができるというもので、特にパ・リーグ球団が賛同したが、
現在は放映権ビジネスそのものが、はるかに小さくなっているので、メリットは低いと感じる。

両リーグが歩調を合わせず運営している
しかし今の2リーグ制は、このままでいいとは思わない。現在のNPBの運営体制について、大きな課題は2つあると思っている。

ひとつはセ・パがいまだに歩調を合わせることなく運営をしていること。今年でいえばパ・リーグはクライマックスシリーズありで、セはなかった。開幕日は同じだったが、
閉幕日はパの11月9日に対して、セはレギュラーシーズンをパのCSが始まった11月14日まで引っ張った。
今やセ・リーグとパ・リーグはNPB機構傘下の一部門に過ぎず、独立した事務局さえ持っていないのだが——それでもバラバラで運営されている。そのメリットはほとんどないと感じる。

もう1つは、クライマックスシリーズの納得性が低いことである。
半年間もかけて143試合(今季は120試合)を戦って頂点に立ったチームが、わずか数試合のCSで2位、3位チームに敗退し、日本シリーズの出場権を得られない可能性がある。

2位、3位チームにとって「下剋上」はうれしいかもしれないが、優勝チームにとっては「長い期間戦ってきたあの苦労は何だったのか」という喪失感が強いのは手に取るようにわかる。

12/2(水) 11:06配信 ナンバー
https://news.yahoo.co.jp/articles/12963ecf2e0eeb4bd3d2eafe74138e5f0927d711

続きを読む

1 :Egg ★:2020/12/01(火) 20:57:10.49 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/PdVfVv5.jpg 2週連続は勘弁?

日本シリーズはソフトバンクの4連勝で幕を閉じた。当然、ホークスファンは大喜びしている。ところが、巨人の完敗に胸を撫で下ろしている、巨人サイドの人々もいるという──。

 ***

プロ野球を取材する記者は、「多くのプロ野球ファンだけでなく、日本野球機構(NPB)の関係者も、日本シリーズで名勝負が繰り広げられ、もつれにもつれて第7戦まで戦われることを期待していました」と振り返る。
「結果は巨人の4連敗でした。NPBは今季、新型コロナのため入場料も放映権料も、グッズ販売の収益も失ってしまいました。
最後に望みをかけていた日本シリーズも4試合しか開催できなかったのですから、巨人に苦言を呈したくもなるでしょう」

土日夜の日本シリーズは、日テレにとって厄災!?
 
ホークスファンは喜び、プロ野球ファンは不甲斐ない巨人に呆れている。ところが、同じ読売グループに属する日本テレビは、日本シリーズが4戦で終わったことを心から喜んでいるという。

まず、各試合の平均視聴率を確認しておこう。いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯、リアルタイムの数字だが、開幕戦(日テレ)が12・3%、2戦(同)が8・6%、3戦が9・5(テレビ朝日)%、4戦(フジテレビ)が9・0%だった。
民放キー局で番組制作に携わる社員は、「2桁に届かなかったからといって、決して悪い数字でないのです」と解説する。

「今や地上波ではオワコン扱いのプロ野球ですが、さすがに日本シリーズは違います。三井住友銀行の冠がついていますし、提供スポンサーも集まります。
営業成績は増えますから、視聴率争いで下位に位置しているフジテレビやTBSの場合だと、メリットが期待できます」
ちなみにフジは第4戦を放送し、TBSは第5戦の放映権を獲得していた。

野球ファンは広告価値ゼロ
 
実際のところ、放映権料は一説によると2億円。中継車を出してカメラも10台は使わなければならず、スタッフや出演者の人件費もかさみ、4000〜5000万円の制作費が必要でも不思議はないという。
しっかりと収益を出すのは大変だというが、それを上回るメリットがあるのは先に見たとおりだ。

一方、視聴率競争でトップを走っている日本テレビとなると、日本シリーズの中継は“お荷物”になるという。
今回、日本テレビが放映権を獲得したのは第1戦と2戦、そして6戦と7戦。いずれも土日に開催されるゲームだった。

「今、民放キー局は、広告収入に直結する10代から40代までの視聴者を非常に重視しています。日本で最もテレビを見るのは60代以上のシニア層ですが、CMを見ても購入意欲を燃やしてくれないため、あまり意味がないのです。
プロ野球は基本的に、50代以上の男性が高い関心を持つプロスポーツというのが問題なのです」(同)

週刊新潮WEB取材班  2020年11月30日 11時20分 デイリー新潮
https://news.livedoor.com/article/detail/19302068/

Egg ★[] 投稿日:2020/11/30(月) 21:58:45.40
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1606741125/

続きを読む

1 :Egg ★:2020/11/30(月) 21:58:45.40 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/a1A0tZs.jpg 2週連続は勘弁?

日本シリーズはソフトバンクの4連勝で幕を閉じた。当然、ホークスファンは大喜びしている。ところが、巨人の完敗に胸を撫で下ろしている、巨人サイドの人々もいるという──。

 ***

プロ野球を取材する記者は、「多くのプロ野球ファンだけでなく、日本野球機構(NPB)の関係者も、日本シリーズで名勝負が繰り広げられ、もつれにもつれて第7戦まで戦われることを期待していました」と振り返る。
「結果は巨人の4連敗でした。NPBは今季、新型コロナのため入場料も放映権料も、グッズ販売の収益も失ってしまいました。
最後に望みをかけていた日本シリーズも4試合しか開催できなかったのですから、巨人に苦言を呈したくもなるでしょう」

土日夜の日本シリーズは、日テレにとって厄災!?
 
ホークスファンは喜び、プロ野球ファンは不甲斐ない巨人に呆れている。ところが、同じ読売グループに属する日本テレビは、日本シリーズが4戦で終わったことを心から喜んでいるという。

まず、各試合の平均視聴率を確認しておこう。いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯、リアルタイムの数字だが、開幕戦(日テレ)が12・3%、2戦(同)が8・6%、3戦が9・5(テレビ朝日)%、4戦(フジテレビ)が9・0%だった。
民放キー局で番組制作に携わる社員は、「2桁に届かなかったからといって、決して悪い数字でないのです」と解説する。

「今や地上波ではオワコン扱いのプロ野球ですが、さすがに日本シリーズは違います。三井住友銀行の冠がついていますし、提供スポンサーも集まります。
営業成績は増えますから、視聴率争いで下位に位置しているフジテレビやTBSの場合だと、メリットが期待できます」
ちなみにフジは第4戦を放送し、TBSは第5戦の放映権を獲得していた。

野球ファンは広告価値ゼロ
 
実際のところ、放映権料は一説によると2億円。中継車を出してカメラも10台は使わなければならず、スタッフや出演者の人件費もかさみ、4000〜5000万円の制作費が必要でも不思議はないという。
しっかりと収益を出すのは大変だというが、それを上回るメリットがあるのは先に見たとおりだ。

一方、視聴率競争でトップを走っている日本テレビとなると、日本シリーズの中継は“お荷物”になるという。
今回、日本テレビが放映権を獲得したのは第1戦と2戦、そして6戦と7戦。いずれも土日に開催されるゲームだった。

「今、民放キー局は、広告収入に直結する10代から40代までの視聴者を非常に重視しています。日本で最もテレビを見るのは60代以上のシニア層ですが、CMを見ても購入意欲を燃やしてくれないため、あまり意味がないのです。
プロ野球は基本的に、50代以上の男性が高い関心を持つプロスポーツというのが問題なのです」(同)

週刊新潮WEB取材班  2020年11月30日 11時20分 デイリー新潮
https://news.livedoor.com/article/detail/19302068/

続きを読む

1 :jinjin ★:2020/11/26(木) 23:47:38.41 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GdgiMsc.jpg 巨人野球全く通用せず
「セ・リーグ野球の限界が明白に」評論家の視点


「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4−1巨人」(25日、ペイペイドーム)


巨人が悪夢の4連敗。プロ野球史上初めて、2年連続でスイープされた。
完膚なきまでにたたきのめされ、球団史に刻まれる屈辱的な大惨敗となった。


リードを奪ったのは一度だけ。
それも第4戦の初回に奪った1点で、直後に逆転されると、もうはね返す力は残っていなかった。

4試合全てで接戦にも持ち込めず、見せ場すら作れなかった。


巨人OBで、デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「セの5球団相手にやった野球は全くさせてもらえず、まさに井の中の蛙だったことを思い知らされた。巨人とは何なんだ、としらけたファンも多いだろう」と厳しく切り捨てた。

原監督のもと、セ・リーグ2連覇を成し遂げた選手たちが子供扱いされた。

関本氏は「柳田だけでなく、甲斐のスイングだって迫力が違う。出てくる投手もほぼ全員が150キロを超え、多くがブレーキングボールも備えていた」と振り返り、
続けて「巨人の選手が非力に見え、実際に真っすぐをはじき返せない。セ・リーグではあれだけ厚く見えた選手層が、ソフトバンクの前だとかすんでしまう。去年も同じことを言ったが、改めてセ・リーグ野球の限界が明白になったのではないか」と指摘した。


日本Sでセ球団はパ本拠地19連敗。関本氏は「巨人はこの差の原因を突き詰めなければいけない。ただ、巨人だけではない。セ・リーグとして何が原因なのか。在り方を見直すきっかけにしなければいけない。そうでなければファンは納得しない」と、強く求めた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9b5e19751b15268d6386a386957f4a64753d7f14

続きを読む

1 :jinjin ★:2020/11/02(月) 23:40:34.80 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YXMDZki.jpg 阪神“ぶしつけ構想外通告”にナイン憤慨! 福留らベテラン3選手立て続け、功労者に冷たい仕打ち


阪神が終戦前から揺れている。
功労あるベテラン3選手が立て続けに、ぶしつけな構想外の通告を受けたことで、ナインが球団フロントを「信用できない」と怒りの声を上げているのだ。


阪神2軍は29日、今季の本拠地最終戦となる中日戦(鳴尾浜)。
すでに球団の来季構想から外れている福留孝介外野手(43)、上本博紀内野手(34)も先発出場した。

福留は5回に上本を二塁に置いて意地の適時打。
試合後には「僕の中では、このユニホームを着てプレーするのは最後だという思い。悔いを残して終わりたくない」と、他球団で現役を続行する強い意欲を示した。

19日の福留を皮切りに、生え抜き16年目左腕の能見篤史投手(41)、そして前日28日の上本まで、球団幹部から構想外通告を受けた功労者はいずれも、打診された引退後のポストを蹴って退団を選んでいる。


事情を知る関係者は「去年の鳥谷に始まり今年は福留、能見と実績あるベテランに対して、事前に引退後の将来設計を全く話し合いもせずに、ぶっつけ本番で構想外を言い渡すなんて非常識ですよ。ベテランを冷遇する球団なんだと、自らバラしているようなもの。恥ずかしくないんですかね」とあきれる。


さらに「上本だって近年は1軍で出番が減り、第2の人生をどうしようか真剣に考えていた。でも、球団とは事前の折衝も一切ないまま、昨日の試合前練習後に呼び出されて構想外だと。その場で提示されたのは、子供たちを指導する球団アカデミーのコーチ職だったそうです」と明かす。

上本は広陵高、早大とアマ球界のエリートコースを歩み、阪神では二塁の定位置をつかむとともに、2014年から3年間は選手会長も務めた。
チーム内では「次代の指導者として2軍コーチか、フロント職に」と推す声もあったが、待っていたのは冷たい仕打ちだった。

アマ球界の名門との関係にも波及必至だ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/fee7837b10cc19a1d73aa0020b5822069802b989

続きを読む

↑このページのトップヘ