コーギーちゃんねる

2ちゃんねるの芸能、スポーツなんかを適当にまとめてるブログだよ。

カテゴリ: スポーツ

1 :Felis silvestris catus ★:2021/05/14(金) 18:27:57.27 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/CaiI7eP.gif https://sn-jp.com/archives/39118
Dappiさんのツイート

竹田恒泰
「五輪中止署名は共産党が組織的にやっており、宇都宮健児は都知事選の度に共産党から担がれ&都庁前に慰安婦像設置を主張。そもそも中止署名は“日本や東京に中止権限がない”ことを伏せ、中止すれば違約金等で余計に金がかかるのに『中止で浮いた金でコロナ対応』と嘘をつき一般人を騙してる」

(略)

続きを読む

1 :征夷大将軍 ★:2021/05/14(金) 06:01:40.84 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/9CKk3Is.gif gooランキング、集計期間:2020年10月19日〜2020年11月02日
1959年に創刊し、60年以上の歴史を持つ少年向けコミック誌『週刊少年マガジン』。マガジンといえばスポーツ漫画の名作が多いことでおなじみですが、歴史が長いだけに、どの作品が一番なのかを選ぶのは難しいですよね。
そこで今回は、マガジン史上一番白熱したスポーツ漫画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

1位  ダイヤのA  作者:寺嶋裕二  114票
2位  はじめの一歩  作者:森川ジョージ  99票
3位  あしたのジョー  原作:高森朝雄、作画:ちばてつや  95票
4位  シュート!  作者:大島司5  4票
4位  巨人の星  原作:梶原一騎、作画:川崎のぼる  54票
6位  あひるの空  作者:日向武史  47票
7位  ベイビーステップ  作者:勝木光  45票
8位  DAYS  作者:安田剛士  22票
8位  バリバリ伝説  作者:しげの秀一  22票
10位  野球狂の詩  作者:水島新司  13票

11位  1・2の三四郎  作者:小林まこと  12票
12位  名門!第三野球部  作者:むつ利之  11票
13位  涼風  作者:瀬尾公治  9票
13位  ブルーロック  原作:金城宗幸、作画:ノ村優介  9票
15位  エリアの騎士  原作:伊賀大晃、作画:月山可也  8票
15位  スマッシュ!  作者:咲香里  8票
17位  コータローまかりとおる!  作者:蛭田達也  7票
17位  Over Drive  作者:安田剛士  7票
17位  フィフティーン・ラブ  作者:堀内夏子(旧名義:堀内真人)  7票
20位  オフサイド  作者:堀内夏子(旧名義:堀内真人)  6票
20位  おれはキャプテン  作者:コージィ城倉  6票
20位  破壊王ノリタカ!  原作:村田ひでお、作画:刃森尊  6票

23位  空手バカ一代  原作:梶原一騎、作画:つのだじろう/影丸譲也  5票
23位  おれは鉄平  作者:ちばてつや  5票
25位  Jドリーム  作者:堀内夏子  4票
25位  ケンコー全裸系水泳部 ウミショー  作者:はっとりみつる  4票
25位  マラソンマン  作者:井上正治  4票
25位  バツ&テリー  作者:大島やすいち  4票
29位  Harlem Beat  作者:西山優里子  3票
29位  新約「巨人の星花形」  原作:梶原一騎・川崎のぼる、作画:村上よしゆき  3票

31位以下はリンク先で
https://ranking.goo.ne.jp/column/6974/

続きを読む

1 :Felis silvestris catus ★:2021/05/12(水) 18:08:03.15 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/m7fnHWs.gif https://anonymous-post.mobi/archives/8673
11日放送のTBS系情報番組「ゴゴスマ」(月〜金曜・午後1時55分)では、開幕まで2か月半に迫ったものの新型コロナウイルスの感染拡大の中、開催に疑問の声も集まっている東京五輪について報じた。

男子テニスで16年リオデジャネイロ五輪シングルス銅メダルの錦織圭(31)=日清食品=出場中のイタリア国際1回戦に勝った後の会見で
東京五輪開催について「コロナで、死者がこれだけ出ているということを考えれば、死人が出てまでも行われることではない」と話したことについて、コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)は、「錦織さんも日本換算にして今、2万人の感染者がいるイタリアで普通にテニスをして、普通に生活をしているんですよ」とした上で「感染者が出ないところでオリンピックをやるべきだと言うけど、じゃあ、イタリアはどうなの?って」と続けた。

さらに「少ない情報源の中からいろいろ聞くと、イタリアはこんな連日、連日、コロナの報道をしていないんですね。多分、錦織さん、今、イタリアが2万人規模の感染者数って分かってないんじゃないかと思います」と

「結局、日本の連日の報道が悪いこととは言いませんけど、この(日本の)感染者数を軽く扱ってはいけないんだけど、もっと耐えられる国にならなきゃいけないし、もっと、耐えられるんじゃないかって。

最終的には医療状況の逼迫でみんなが危ないよね、抑えなきゃいけないよねってなっているけど、イタリアはどうですか?実数で1万人、日本の国の規模にして2万人の感染者数でも何にも問題になっていない。何かがおかしいと思うんですよ」と問題提起していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad43e82cebd4caa3c96eca5154749d8a0a19b731

関連記事

柔道金メダリストの石井慧がテニスの錦織圭に噛みつく 石井「綺麗ごとを言うな」「競技により五輪の立ち位置は違う」「テニスはプロも確立していて五輪と並ぶ名誉もあるだろが、五輪の為に命を削り名誉と金の為に命をかけてる選手は世界に沢山いる」 https://t.co/CZSeJLarRS

? アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) May 11, 2021

(略)
https://news.yahoo.co.jp/articles/376fb6b77fb8966b31315c7e6f6ed48bace40d0f

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2021/05/11(火) 11:24:22.85 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AgopOyW.gif 「ここまでハッキリ語ったアスリートは初めてではないか」

 国士舘大学の非常勤講師でスポーツライターの津田俊樹氏が感心したのは、9日、国立競技場で行われた陸上五輪テスト大会に出場した新谷仁美(33)の前日会見でのコメントだ。

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が6日に発表した、東京オリンピック・パラリンピックの各国代表団への新型コロナウイルスのワクチン無償提供。日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は「優先接種対象者、医療従事者の活動に影響を生じさせないことが前提」としながら、「参加者とホスト国の日本の安心・安全を確保するための取り組みだと聞いている。ありがたい話」と歓迎した。

■五輪選手だけはおかしい

 これに対し、東京五輪陸上女子1万メートル代表に内定している新谷はこんな持論を述べた。

「個人の意見ですが、命に大きい、小さいは全くない。五輪選手だけが(優先)っていうのは、私としてはおかしな話。国民であっても五輪選手であっても、アスリートであったとしても、人の命を守らなきゃいけないものなので、そこは平等に考えていただきたい」

 IOCは特別に入手したワクチンを代表選手に打ってもらい、国が「安心・安全」のお墨付きを与え、パンデミックの中、どうしても五輪を開催したい。しかし、アスリートは人の損得で走らされる競走馬ではない。

 前出の津田氏が言う。

「日に日に悪化するコロナ感染や逼迫する医療現場のことを知っていれば、ワクチンを優先接種してでも五輪の舞台に立ちたいという選手の方がむしろ稀ではないか。新谷のように思っていても、ここまで言える者は日本では非常に少ない。プロランナーの新谷は一度現役を離れ、会社勤めの経験がある。それも影響しているのかもしれません。五輪マラソンで2つのメダルを取った有森裕子(54)も言うように、『アスリートである前に社会人』という意識が強いのでしょう。それにしても、ワクチンを優先的に打つ、打たないの判断を選手に任せ、ワクチンを打つことにうしろめたさを感じさせるというのは酷な話です」

 まったくだ。8日、新型コロナの感染者が全国で7000人を超えた。7日の厚労省の発表によれば、4日現在の人口10万人当たりの療養者数では17都道府県がステージ4(爆発的感染拡大)に達している。特に変異株が猛威を振るっている大阪では7日に50人、翌日も41人が亡くなった。感染症状が悪化して救急車を呼んでも搬送できる病院がないのが大阪の現実だ。

 五輪の舞台となる東京都も9日、1032人が感染、2日連続で1000人以上の新規感染者が確認された。「命の選別」が行われていると言っても過言ではない大阪の悲劇は対岸の火事ではない。

悲惨なインドにこそ

 他国に目を転じれば、インドの状況はもっと悲惨だ。累計死者数が24万人を突破。埋葬地には死体が山積みにされている。五輪選手よりワクチン接種を優先すべき人たちは世界中にあふれかえっているのだ。

 それでもIOCや日本政府、東京都は選手にワクチンを打って五輪開催に突き進もうとしている。バッハ会長やジョン・コーツ副会長の「大会は必ず開催される」との発言も国民の反感をさらに募らせている。ちなみに、東京五輪開催の是非をめぐり、弁護士の宇都宮健児氏がオンライン署名サイト「change.org」上で5日に始めた大会中止を求める活動署名は、9日午後30万人を突破した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/66b70962085a5ca976d991a9c0ea8fc16cb25c52
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210511-00000007-nkgendai-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :muffin ★:2021/05/11(火) 14:38:19.07 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RgWzvtJ.gif ■怒りの声が上がった飛び込みW杯

 市民の間では「東京五輪は中止せよ」の声が止まず、コロナの感染拡大は依然収まらない。そんな中、海外から選手を呼んで五輪最終予選とテスト大会を兼ねた水泳飛び込みのワールドカップ(W杯)が5月1日〜6日、東京都内で実施された。

選手らは厳しいコロナ対策の中で大会に臨んだが、宿舎から出られず缶詰め状態、食事は全食が弁当支給と、おいしい日本食を期待してやってきた選手たちからは「なんだこの食事は! 」と失望や不満が続発。東京五輪が標榜してきた「おもてなし」を発揮するべきはずが、全て吹き飛んでしまった。

 コロナ禍の日本国内で行われる「多数の外国人選手が出場する最終予選」として、五輪本番前の最初で最後の機会だったこのプレ大会。運営側のチカラが試される場面でいったいどんなことが内部で起こっていたのか。怒りの声さえも上がる中、おもてなしどころか運営側のやる気すらも感じられなかった状況を詳報する。

■緊急事態宣言の中、約250人が入国

 東京都に緊急事態宣言が発令され、小池百合子知事が他県在住者に「GWは東京に来ないで」と訴える中、海外の選手が同時期に「隔離免除で競技へ直行」という入国特例措置で東京入りし実施された、矛盾に満ちたこのイベント。日本政府がコロナ感染対策で外国人の入国を基本的に拒否しているにもかかわらず、46カ国の国と地域から225人の選手が参加した(主催者調べ)。

 この大会をめぐっては、そもそも開催前から「ケチ」が付いていた。

 主催者である国際水泳連盟(FINA)が、4月に予定されていた同大会を「日本政府による感染対策に不安あり」といった理由などで、一旦は「日本での競技会はムリだ」と一方的に中止を決定。しかし、プレ大会をなんとしても実施したい日本側が、FINAや国際オリンピック委員会(IOC)との話し合いを行い、日程を延期した上でようやく復活開催にこぎつけた経緯がある。

 筆者は今回の飛び込みW杯実施に当たり、「入国時の水際対策」「宿泊施設での感染対策」「選手らへの供食状況」「会場での競技運営」の4つのポイントに注目した

■問題点1「空港内で選手をほったらかし」

 「どうして、大会のオフィシャル(運営スタッフ)がゲートまで迎えに来ないのでしょうか? 」

 選手など関係者は大会への参加に当たり、「隔離免除」という特例で日本に入国した。欧州から来たチーム役員のひとりは、飛行機を降りたところに運営側誘導役の姿が見当たらないことに「これはおかしい」と感じたという。

 「コロナで入国ルールが普段と違うのに、誰もチームのケアをしないなんてどういうつもりなんでしょうね。本気で五輪をやる気があるのでしょうか? 」

 感染対策上、到着以降の空港内での動線は定まっているが、誘導のスタッフもいなければ、手続きの段取りを書いたペーパーも配られなかった。そうこうしているうちに、同じ便で着いた複数国の選手が混ざり合って手続きを受ける事態になっていた。それでなくても日本の検疫手続きは不合理なほどにチェックポイントが多い。

 「われわれが特例ルールで入国すると分かっているのに、対応はおざなりだった」と指摘するチームスタッフのひとりは、「選手は隔離を済ませていないのに、迷子になったらどうするつもりだったのでしょうね」といぶかっている。

 今回の大会のスケールを東京五輪本番と比べてみると、飛び込みは26ある実施競技のひとつで、出場国数は五輪の約5分の1、選手数では20分の1程度となっている。それでもコロナ対策の検疫手続きから入国、税関検査を合計した所要時間は、飛行機を降りたってからおよそ3時間要したという。これが五輪本番で各国選手団が一気に押し寄せると、手続きにかかる時間はどれほどまで膨らむのだろうか。

■問題点2「24時間監視で心の余裕がない」

全文はソース元で
https://president.jp/articles/-/45922?page=1


★1が立った日時:2021/05/11(火) 12:02:17.26
ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル [首都圏の虎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620702137/

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2021/05/11(火) 16:17:11.99 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LITQEuB.jpg 2008年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(34)が、男子テニスの錦織圭(31)にかみついた。

錦織は、10日に東京五輪について「死人が出てまでも行われることではない」と開催を疑問視するコメントを発表。

 それに対し石井は11日、自身のツイッターで「競技により五輪の立ち位置は違う」と前置きした上で「テニスやゴルフなどはプロも確立しているし五輪と並ぶ名誉も何かあるだろう。五輪の為命を削り名誉と金の為に命をかけてる選手は世界に沢山いる」と指摘した。

 続けて「だからこんな綺麗事を言うな。俺が反対してる理由は全く違って自分が一番可愛いからにつきる」と持論を展開した。

 石井も、先月「もうオリンピックはやんなくていいだろ。大勢の人を住みずらくして一部の金もらってる人や選手以外には迷惑な話」(現在は削除)とツイートしたように��開催否定派�=Bただ、錦織とはその理由に違いがあったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fed2c45babeb643258d9619b34fdf029faca7b3
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210511-03144924-tospoweb-000-7-view.jpg

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2021/05/11(火) 12:02:17.26 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hlUgqFB.jpg ■怒りの声が上がった飛び込みW杯

 市民の間では「東京五輪は中止せよ」の声が止まず、コロナの感染拡大は依然収まらない。そんな中、海外から選手を呼んで五輪最終予選とテスト大会を兼ねた水泳飛び込みのワールドカップ(W杯)が5月1日〜6日、東京都内で実施された。

選手らは厳しいコロナ対策の中で大会に臨んだが、宿舎から出られず缶詰め状態、食事は全食が弁当支給と、おいしい日本食を期待してやってきた選手たちからは「なんだこの食事は! 」と失望や不満が続発。東京五輪が標榜してきた「おもてなし」を発揮するべきはずが、全て吹き飛んでしまった。

 コロナ禍の日本国内で行われる「多数の外国人選手が出場する最終予選」として、五輪本番前の最初で最後の機会だったこのプレ大会。運営側のチカラが試される場面でいったいどんなことが内部で起こっていたのか。怒りの声さえも上がる中、おもてなしどころか運営側のやる気すらも感じられなかった状況を詳報する。

■緊急事態宣言の中、約250人が入国

 東京都に緊急事態宣言が発令され、小池百合子知事が他県在住者に「GWは東京に来ないで」と訴える中、海外の選手が同時期に「隔離免除で競技へ直行」という入国特例措置で東京入りし実施された、矛盾に満ちたこのイベント。日本政府がコロナ感染対策で外国人の入国を基本的に拒否しているにもかかわらず、46カ国の国と地域から225人の選手が参加した(主催者調べ)。

 この大会をめぐっては、そもそも開催前から「ケチ」が付いていた。

 主催者である国際水泳連盟(FINA)が、4月に予定されていた同大会を「日本政府による感染対策に不安あり」といった理由などで、一旦は「日本での競技会はムリだ」と一方的に中止を決定。しかし、プレ大会をなんとしても実施したい日本側が、FINAや国際オリンピック委員会(IOC)との話し合いを行い、日程を延期した上でようやく復活開催にこぎつけた経緯がある。

 筆者は今回の飛び込みW杯実施に当たり、「入国時の水際対策」「宿泊施設での感染対策」「選手らへの供食状況」「会場での競技運営」の4つのポイントに注目した

■問題点1「空港内で選手をほったらかし」

 「どうして、大会のオフィシャル(運営スタッフ)がゲートまで迎えに来ないのでしょうか? 」

 選手など関係者は大会への参加に当たり、「隔離免除」という特例で日本に入国した。欧州から来たチーム役員のひとりは、飛行機を降りたところに運営側誘導役の姿が見当たらないことに「これはおかしい」と感じたという。

 「コロナで入国ルールが普段と違うのに、誰もチームのケアをしないなんてどういうつもりなんでしょうね。本気で五輪をやる気があるのでしょうか? 」

 感染対策上、到着以降の空港内での動線は定まっているが、誘導のスタッフもいなければ、手続きの段取りを書いたペーパーも配られなかった。そうこうしているうちに、同じ便で着いた複数国の選手が混ざり合って手続きを受ける事態になっていた。それでなくても日本の検疫手続きは不合理なほどにチェックポイントが多い。

 「われわれが特例ルールで入国すると分かっているのに、対応はおざなりだった」と指摘するチームスタッフのひとりは、「選手は隔離を済ませていないのに、迷子になったらどうするつもりだったのでしょうね」といぶかっている。

 今回の大会のスケールを東京五輪本番と比べてみると、飛び込みは26ある実施競技のひとつで、出場国数は五輪の約5分の1、選手数では20分の1程度となっている。それでもコロナ対策の検疫手続きから入国、税関検査を合計した所要時間は、飛行機を降りたってからおよそ3時間要したという。これが五輪本番で各国選手団が一気に押し寄せると、手続きにかかる時間はどれほどまで膨らむのだろうか。

■問題点2「24時間監視で心の余裕がない」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/70390ba6e89f401d72f68b643c2ef0ed4654d254

続きを読む

1 :Felis silvestris catus ★:2021/05/11(火) 07:20:42.30 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/A5EJvdl.gif https://sn-jp.com/archives/38717
ナザレンコ・アンドリーさんのツイート

オリンピックを中止したってしたところで、パヨクは「正しい判断だ」と言わない。

「五輪しようとしてたこと自体が間違ってた」とか、

「ほら結局税金の無駄遣いに過ぎなかった」とか、

「自民党のせいで中止になった」とか、

また新しい批判を始めるだけ。

批判しかできぬ奴らに寄り添う必要なし


ネット上のコメント

・建設性が全くないですからね(^◇^;)

・その時は開催しなかった事を批判するんじゃないでしょうか。野党はよくやりますが。

・なんでも人のせいにする事で生きてきた人達の集まりですからね。まともに相手するだけ損です。

・誰のせいってチャイナなのに それは言わない

・そうですね。望み通り中止にしたら、次は五輪のゴタゴタの責任を取って内閣総辞職しろ、と言い出すのが見えます。

・共産党に寄り添うと母屋を取られる

・批判無限ループ。

続きを読む

1 :梵天丸 ★:2021/05/10(月) 11:21:58.94 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fHCsdDV.gif 鳥海不二夫 | 東京大学大学院工学系研究科教授
5/10(月) 10:02

5月7日に,池江選手がSNS上で様々な声を受けていることをツイッター上で表明しました.

以前ツイッター上ではあまり批判の声はなかったという記事を書きましたが,直接心無い声が寄せられていた事実を見逃していた点を反省しています.

そこで,今度は直接池江選手のツイッターアカウントに向けて送られたリプライを分析してみました.4月1日から5月9日10時までの池江選手に向けたリプライが含まれていて,かつ公開状態になっていて誰にでも確認可能な10,738ツイートを収集しました.なお,こちらにはダイレクトメッセージは含まれていませんし,既に削除済みのツイートも含まれておらず,Twitter社の規約により使用可能となっているツイートとなります.



リプライの内容分析

その後,池江選手が一連のツイートを行ったことで多くのリプライが寄せられたようです.そこで,どのくらいが批判でどのくらいが応援メッセージなのかを5月7日〜5月9日10時までに寄せられた7,676のツイートを対象に分析してみました.

個人あての細かいメッセージを詳細に分析すべきかどうかは悩ましいところでしたので,おおざっぱに,辞退を要請しているのか,応援しているのか,どちらでもないのかの3種類に分類しました.また7000ツイート以上すべてを確認するのは困難だったため,2回以上リプライを送った461アカウントのみを対象としました.

なお,分析手法としては根性マイニング(著者が頑張って目で見て分類する手法)を用いました.

集計結果は以下の通りです.

この結果から,辞退を要請している内容よりも応援する内容の方が多いことが分かりました.全体の58.3%程度が応援,23.7%程度が辞退の要請でした.また,分析対象とした461アカウント中6.5%のアカウントが誹謗中傷に近いのではないかと思われるツイートを行っていました.これらはいずれも辞退要請を行っていたアカウントの一部です.これらのリプライの中には「辞退しろ」以外にも「アスリート失格」「辞退しなかったら罪は重い」「利己的」「バカ」「自分のことしか考えていない」「電通に使われている」など強い批判がありました.

なお,著者の根性の問題でリプライを1回だけ送っている7000アカウントについて詳細には調べられませんでしたが,それらのツイートに「応援」という単語は3402回登場し,「辞退」という言葉は624件登場したことから,全体的な傾向としては応援系が多く複数回ツイートしたアカウントと同じような傾向だったと判断してよいのではないかと思います.



リプライのクラスタ分析

最後に,引用リツイートも含めた池江選手に関連するツイートのクラスタ分析を行いました.リツイートされたツイートを抽出して類似アカウントによって拡散されたツイートをクラスタとして分類しました.得られたクラスタのネットワーク図は以下の通りです.

拡散されたツイートは全体の一部ではありますが,そこには複数のクラスタが存在することが分かります.基本的には下の塊には池江選手を応援したり,誹謗中傷に抗議する内容のツイート群であるクラスタが二つ抽出されており,上の塊が辞退を要請するクラスタでした.

アカウント数としては,応援系である下の二つのクラスタが圧倒的に多く20,000を超えるアカウントが拡散を行っています.一方,上の辞退を求めるクラスタは1500弱のアカウントによる拡散でした.この点からも,応援をする人たちの方が圧倒的に多いということが分かります.

ところで,この分析をしていて気づいたのですが,辞退を求めるツイートを拡散しているアカウントの80%近くが過去のツイートから「リベラル系」とラベリングされていたアカウントだった点です.そして,その拡散されたツイートの中には誹謗中傷に近いのではないか?と思えるようなツイートも含まれていた点を非常に残念に思います.もちろんリベラル系のすべてのアカウントが参加していたわけではなく,ラベリングされたアカウントの中では0.35%と極一部のアカウントではありましたが,保守系のアカウントでは0.05%だったことを考えても党派性の強さが気になりました.

オリンピックに反対するという意見そのものを否定するものではありませんが,社会的に適切に見えないやり方は,共感を得るためには得策とは言えない気がします.


全文はソースで

https://news.yahoo.co.jp/byline/toriumifujio/20210510-00237084/

続きを読む

1 :Felis silvestris catus ★:2021/05/10(月) 06:55:20.42 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/BHNacAW.gif https://sn-jp.com/archives/38605
テリー伊藤 五輪中止「やったーと思うか?」やっとけば良かったの虚しさ出ると

▼記事によると…

・テリー伊藤が9日、TBS「サンデー・ジャポン」に出演。東京五輪・パラリンピック開催への反発が高まっていることが議論され、「たとえば五輪が中止になった時に、日本人の心ってどうなるんですか?中止を、やったーと思うのか。そのときに虚しさも出てくる可能性もある」と語った。

2021.05.09


ネット上のコメント

・中止になればなったで「政府はオリンピックを開催出来なかった!」「選手たちが可愛そうだ!」「責任をとれ!」と手のひら返しの批判をするのは目に見えてますからね むしろそれがしたいが為に反オリンピックをやってるようなものですから

・もはや参加する事が意義あるよりやる事が意義ある。なんだか腹黒い中国も応援していることだし。

・今の状態が五輪開催まで続くと考える方がどうかしている。

・テリー伊藤氏にしては珍しくニュートラルな意見ですね。

・オリンピック中止運動は共産党の活動だと私は睨んでます。

・中止になったら絶望感しかない。どんな形でもいいから絶対に開催してほしい。

・やはり、中国共産党結党100周年式典と五輪の開催日が被ると不味いと忖度する国内の反日勢力が騒いでいるのだろうね。
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/05/09/0014310590.shtml

続きを読む

1 :Felis silvestris catus ★:2021/05/08(土) 20:41:05.67 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4xLmgr3.gif https://sn-jp.com/archives/38502
野口健さんのツイート

池江さんご本人に「五輪辞退を求める」といった趣旨の投稿をした人たちは下衆の極みである。

五輪開催の有無について意見があれば決定権のあるIOCや、また開催国、開催都市である国や東京都に向けるべき。

最もやってはいけないのはアスリートにその刃を向けること。



ネット上のコメント

・同感です。

・野口さんの仰る通りです。

・先程LINE NEWSで見た所です…娘と同い年の池江さん…彼女にそんな精神的負担をかけるようなメッセージを送らないでほしいです

・完全に同意です。

・まったく!矛先が違う。

・ごもっともです。

・選手に中止の意見を送るなんて酷な話しですよね〜((( ;゚Д゚)))

続きを読む

1 :Felis silvestris catus ★:2021/05/08(土) 08:24:57.08 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Hmhkv3s.gif https://news.yahoo.co.jp/articles/c34e76a13cf3f91f8f305f5103d99ac2f4eaf169
 競泳の東京五輪代表に内定した池江璃花子(20=ルネサンス)が7日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない状況の中、自身のSNSに五輪出場辞退や五輪開催反対に賛同を求める声が寄せられていることについて、意見を述べた。

【写真】1月に成人の日を迎え赤いドレス姿を披露した池江璃花子

 池江は「いつも応援ありがとうございます」と書き出し、「Instagramのダイレクトメッセージ、Twitterのリプライに『辞退してほしい』『反対に声をあげてほしい』などのコメントが寄せられている事を知りました」と様々な意見がSNSに寄せられていることを明かした。

 そして「もちろん、私たちアスリートはオリンピックに出るため、ずっと頑張ってきました」と前置きし、「ですが、今このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことは仕方なく、当然の事だと思っています」と五輪中止を求める声に理解も。「私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています」とアスリートとして率直な気持ちを記した。

 池江は2019年2月に白血病を公表。闘病生活を経て、20年8月に実戦復帰すると、今年4月の日本選手権では4冠を達成し、16年リオデジャネイロ五輪に続く2大会連続の五輪切符を手にした。五輪本番では、女子400メートルリレーと女子400メートルメドレーリレーに出場予定で、女子100メートル自由形など個人種目に出場する可能性もある。

 「1年延期されたオリンピックは私のような選手であれば、ラッキーでもあり、逆に絶望してしまう選手もいます。持病を持ってる私も、開催され無くても今、目の前にある重症化リスクに日々不安な生活も送っています」と自身も不安と隣り合わせの日々を送っていることを明かした池江。そして「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。ただ今やるべき事を全うし、応援していただいてる方達の期待に応えたい一心で日々の練習をしています。オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです」と思いを吐露した。

 そして「長くなってしまいましたが、わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思います」とつづり、5連続投稿による長文のメッセージを締めくくった。
【関連記事】

続きを読む

↑このページのトップヘ