コーギーちゃんねる

2ちゃんねるの芸能、スポーツなんかを適当にまとめてるブログだよ。

2018年05月

1 :豆次郎 ★:2018/05/31(木) 16:33:47.32 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/asChYys.jpg 5/31(木) 16:30配信
W杯日本代表 約半分が4年前と同じメンバー 西野監督「最終的には今朝決めた」

 日本サッカー協会は31日、東京都内のホテルで田嶋幸三会長(60)、関塚隆技術委員長(57)、西野朗監督(63)が出席して記者会見を行い、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表した。

 主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)やDF長友佑都(31=ガラタサライ)、MF本田圭佑(31=パチューカ)、MF香川真司(29=ドルトムント)、FW岡崎慎司(32=レスター)ら前回の14年ブラジル大会経験者から約半分の11人が選出。その一方で、前日30日のガーナ戦に招集されていた26選手からはMF三竿健斗(22=鹿島)、MF井手口陽介(21=クルトゥラル・レオネサ)、FW浅野拓磨(23=シュツットガルト)の若手3選手が落選した。

 西野監督はW杯出場権を持たないガーナ代表に0—2で完敗した前日30日のW杯壮行試合を踏まえて「最終的には今朝決めた」とし、落選となった3選手については「非常に有望な若手3人。この舞台に立たせてくれたのも彼らの力も大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じている」と労った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000123-spnannex-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180531-00000123-spnannex-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :Egg ★:2018/05/31(木) 15:23:54.75 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/KP3oCy4.jpg 西野ジャパン初陣となったガーナ戦を分析

西野ジャパンが初陣となった30日のガーナ戦で0-2と黒星発進したことを受け、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦で対戦するコロンビアの地元メディアは、3バックをテストした日本の新戦術の弱点を指摘した。

「AS」コロンビア版は「コロンビアが付け入るべき新生ジャパンの破綻」との見出しで、西野ジャパンのウイークポイントを指摘。日本代表がシステムを3-4-2-1に変えたことについて触れ、「指揮官はロングボールでの競り合いを避け、ゴールキックからのボールポゼッションを選手たちに要求したようだ」と、その戦い方の変化について分析した。

「ピッチ中央の選手が、前線よりもサイドにパスを出すことで、選手たちを流動的に動かすことが鍵になっていた」とした上で、「中盤の両サイドの選手が絶え間なく攻撃参加し、3者間でのパスやワンツーパスを使って前線への素早い攻撃を仕掛けていた」と、日本の攻撃面での狙いを指摘。攻撃の中心選手として、FW武藤嘉紀、MF香川真司、FW岡崎慎司、MF柴崎岳、FW本田圭佑の5人の名前を列挙している。

 こうした西野ジャパンの特徴を逆手に取って、コロンビア代表がすべきこととして挙げたのは、以下の3点だった。

1. サイド攻撃
2. 敵陣での相手へのプレッシャー
3. 一つのオプションとしてのカウンター攻撃

敵陣からのプレッシャーがコロンビアの生命線に

 その内容に関しては、まず一つ目の「サイド攻撃」は日本の両サイドの選手が攻撃参加した後方のスペースに対し、MFフアン・クアドラード、FWホセ・イスキエルド、FWルイス・ムリエル、さらには両サイドバックのDFサンティアゴ・アリアスとDFフランク・ファブラのスピードや能力を生かし、日本の3バックに対して数的優位に立ってペナルティーエリア内に侵入することが大切だとしている。

 続いて二つ目の「敵陣での相手へのプレッシャー」については、日本は自陣でボールを奪った後、ロングボールを使わず、注意深くショートパスをつないで攻撃を展開してくるという。それに対し、30日の試合ではガーナが敵陣でプレッシャーをかけてボールを奪っており、それがコロンビアにとっても日本からボールを奪うための生命線になると伝えた。

 そして最後の「一つのオプションとしてのカウンター攻撃」については、日本はボールを失った後の戻りが速く、両ウイングバックも絶え間なく動くことで攻撃陣をサポートしているが、その戻りはあまり秩序だっておらず、その空いたスペースをボランチの選手が常にカバーしていたという。日本にとっては、両サイドの選手が攻撃参加した後のスペースを、コロンビアの攻撃陣に素早く突かれないようにすることが、守備面での成功を導く鍵となりそうだ。

つづく

フットボールZONE 5/31(木) 14:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00107590-soccermzw-socc

続きを読む

1 :ストラト ★:2018/05/31(木) 14:51:28.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DuHp6mg.jpg プロ雀士として長年活躍し、その魅力的な麻雀から多くのファンに支持された「ミスター麻雀」こと小島武夫さんが、心不全のために5月28日に亡くなっていたことが分かった。
82歳だった。
5月31日に所属する日本プロ麻雀連盟が発表した。

小島さんは1936年2月11日、福岡市博多区出身。
若くして麻雀の世界に飛び込むと、阿佐田哲也、古川凱章らと「麻雀新撰組」を結成。
当時の人気深夜番組「11PM」の麻雀コーナーにも出演していた。
1981年に誕生した日本プロ麻雀連盟では初代会長に就任。
その後も対局番組で、幻の役満「九蓮宝燈」をアガるなど、その華々しい活躍ぶりから「ミスター麻雀」「小島先生」などと呼ばれていた。

長年出場していたモンドTVの麻雀対局番組は、2016-2017シーズンをもって引退していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00010011-abema-ent

若き日の小島武夫さん
https://amd.c.yimg.jp/im_siggk_QDT.0X.0VKkWrOvBefgA---x900-y520-q90-exp3h-pril/amd/20180531-00010011-abema-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/05/31(木) 14:08:27.00 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/KJdfxgk.jpg 武井壮、小杉竜一がMCをつとめる毎日放送『戦え!スポーツ内閣』。その5月30日放送回に、元中日監督の落合博満氏がゲストで登場。
今年古巣に加入した「平成の怪物」松坂大輔投手について語った。

メジャーリーグから日本球界に復帰するも、ソフトバンク時代は3年間でわずか1試合のみの登板に終わった松坂投手。今シーズン、
中日ドラゴンズにテスト入団するも、周囲の目は相当手厳しいものだった。

しかし、復活をかけた今シーズンはすでに6試合に登板。2勝3敗という成績以上の活躍を見せ、防御率も2.51と、
中日の投手陣を引っ張っている。落合氏は「投げられれば復活でしょう。よくぞ投げられるようになったなと。周りが勝手に『あいつはダメだ』と
騒ぎ立てたね。(森繁和)監督はテストしてから獲るって名言してるわけなんで。(入団後の)キャッチボールを見て、こいつ、
投げられるんだなとは思った。で、こうやってゲームに投げて、2つ勝った。世間は手の平を返すなよ、だよな」とコメント。

また、中日ファンで知られるスピードワゴンの井戸田潤が、「松坂は何勝するか?」という質問をぶつけたが、落合氏は
「何勝よりも、中6日できちっとシーズン終わってくれれば。それだけで充分」と語り、もうひとりのゲスト・元阪神の下柳氏も
「今のピッチングをしていれば、ローテーションは守れる」と太鼓判を押した。

Lmaga.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00042046-lmaga-ent
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180531-00042046-lmaga-000-2-view.jpg

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/05/31(木) 13:58:21.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/q7aXdL0.jpg  エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の敵地タイガース戦に先発。2度の雨天中断の影響で5回83球、3安打1失点5奪三振3四球で
同点のまま降板した。不運な形でマウンドを降り、5勝目はならなかったが、5回に今季のメジャー先発投手最速となる時速101.1マイル(約162・7キロ)を
マーク。この1球に米メディアも騒然としている。

 立ち上がりは制球に苦しんだ大谷。しかし、2回以降は立ち直ると、ピンチで炸裂させた剛速球で敵地観衆の度肝を抜いた。5回2死二、三塁のピンチで、
キャンデラリオを投ゴロに抑えたが、この直球はこれまでのメジャー自己最速を0.1マイル更新する101.1マイル(約162.7キロ)を記録した。

 地元メディアはこのファストボールに騒然。MLB公式サイトのマット・ケリー記者はツイッターで「ショウヘイ・オオタニは今夜の立ち上がり、
フォーシームが91-92マイル(約146〜148キロ)だった。そして、最後のイニングで時速101.1マイルまで上げてきた。自身の持つ2018年の先発投手最速記録を破った」
と速報した。

 一方、MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」の専門記者デビッド・アドラー氏もツイッターで「ショウヘイ・オオタニが5回を
時速10.1マイルのファストボールで締めくくる。彼のメジャー最速記録だ」とレポート。地元ファンも二刀流のスーパースターの記録更新にツイッターで
「現実離れしている」「鬼才だ」と驚愕していた。

 試合は降雨で2度の中断となった影響で大谷は6回のマウンドに上がらず。5回3安打1失点で降板となり、勝敗はつかなかったが、剛速球で
コメリカ・パークにインパクトを残した。

Full-Count編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00134086-fullcount-base

続きを読む

1 :muffin ★:2018/05/31(木) 12:43:15.70 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ULCUL0K.jpg https://rockinon.com/news/detail/176683
2018.05.30 17:30

去る5月10日にいよいよ全シングル&アルバムのダウンロード配信/サブスクリプション配信がスタート、5月16日の時点ではSpotifyのバイラルトップ50のうち実に47曲がMr.Childrenの楽曲で占められた(49曲ランクインしていた時間帯も!)という事実は、デビュー27年目の現在もなおMr.Childrenが日本の音楽シーンにおいて強く切望されていることをリアルに象徴している。

憂いと苦悩に満ちた時代とそこに生きる僕らを、至上のロックミュージックで祝福しながらポップの果てへと導いてきた彼ら。
その楽曲のどれもがマスターピースとしての輝きを放っていることは言うまでもないが、本稿ではその長い道程の中でも、ひときわ密接に時代と響き合った10曲について触れていくことにしたい。(高橋智樹)

1. CROSS ROAD (4thシングル/1993年)
2. innocent world (5thシングル/1994年)
3. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜 (9thシングル/1995年)
4. 名もなき詩 (10thシングル/1996年)
5. Sign (26thシングル/2004年)
6. しるし (29thシングル/2006年)
7. HANABI (33rdシングル/2008年)
8. エソラ (15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』/2008年)
9. 足音 〜Be Strong (35thシングル/2014年)
10. himawari (37thシングル/2017年)

現時点での最新アルバム『REFLECTION』のリリースからもうすぐ3年(Mr.Childrenがアルバムのスパンを丸3年空けるのはデビュー以来初めて)。
ホールツアーや「Thanksgiving 25」ツアー含めライブ続きだった充実の時間は、まだ見ぬ「次」のアルバムにどのような形で結実するのか。今から楽しみで仕方がない。

(各曲の解説はソースをご覧ください)

続きを読む

1 :muffin ★:2018/05/31(木) 12:29:11.88 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vJRcu34.png https://mdpr.jp/news/detail/1770009
2018.05.31 09:36

30日放送の日本テレビ系バラエティ番組「ナカイの窓」(毎週水曜よる23時59分〜)にて、MCの中居正広が衝撃の発言をして、共演者らを驚かせた。

番組では、楽器店を散策した中居ら一行。バイオリンの名器ストラディバリウスの現在の価格が10億円だと聞くと、中居が「買える」とぽつり。
思わぬつぶやきに、ゲストMCの陣内智則は「ストラディバリウスを買える男!」と驚きを示し、共演者らがざわつく事態となった。

また、楽器についてはあまり知らないという中居が「ベースってかっこいい!ベースとドラムだけで踊りたい。本当にかっこいい!」「弾けないけどわかってほしい、ベースの魅力を!」とベースを大絶賛する場面もあった。

続きを読む

1 :ヴァイヴァー ★:2018/05/31(木) 10:36:19.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/HxRksqf.jpg 「AKB48総選挙」速報1位はNGT48荻野由佳「泣かずにがんばりたい」

昨日5月30日に東京・AKB48劇場にて「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 〜世界のセンターは誰だ?〜」の速報結果が発表
された。

5月29日10:00より投票が開始された、AKB48の53枚目のシングルの選抜メンバーを決定する「AKB48 53rdシングル 世界選抜総
選挙」。速報順位発表の模様は姉妹グループの各劇場、各都市のライブビューイングで生中継された。速報では5万9531票を
集めた荻野由佳(NGT48チームNIII)が1位を獲得。2位には3万8943票の松井珠理奈(SKE48チームS)、3位には3万2614票の宮
脇咲良(HKT48チームKIV)が選ばれた。

昨年と同じく速報1位となった荻野は涙を浮かべつつ、「今年の総選挙の速報は正直とても怖かったんですけど、今年もこう
して1位いただけてすごくすごくうれしいです」「みんなに強い姿を見せられるように泣かずにがんばりたいと思います」と
心境を告白。2位の松井は「私にとって大切なのはSKE48を守ることだと思っていますので、皆さん最後まで応援よろしくお願
いします!」とチームを背負っての意気込みを明かした。

「選抜総選挙」の投票は6月15日15:00で締め切られ、翌16日に愛知・ナゴヤドームにて開催の開票イベントで結果が明らかに
なる。さらにランクインメンバーによる感謝祭コンサートが8月1、2日に神奈川・横浜アリーナ、ランク外メンバーによるコ
ンサートが8月13日に千葉・市川市文化会館で行われることが発表された。

なお昨日5月30日にリリースされたAKB48の52ndシングル「Teacher Teacher」は初回出荷枚数300万枚を記録。グループにとっ
て過去最多の出荷枚数となった。
https://natalie.mu/music/news/284509

【MV full】Teacher Teacher / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=7DwAwNNHaW8

AKB48「Teacher Teacher」
http://78.media.tumblr.com/b903a85f3e83a743e4e442d518da6537/tumblr_p9hthcSWTK1va3k4ho5_1280.jpg
http://tvcap.info/2018/5/29/djkl180529-2017110213.jpg
http://78.media.tumblr.com/9454ebc208c3cdee662a7d38474ee0f4/tumblr_p84wxboztz1va3k4ho2_1280.jpg
http://akb48team8.net/wp-content/uploads/2018/04/djkl180407-2124580805.jpg
http://akb48team8.net/wp-content/uploads/2018/05/djkl180527-0140160835.jpg

暫定1位の荻野由佳
https://livedoor.blogimg.jp/chikakb/imgs/0/5/05f49264.jpg

続きを読む

1 :Egg ★:2018/05/31(木) 07:54:46.34 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ALtzjKJ.jpg  降りしきる雨を切り裂くように耳に届いた、ファンやサポーターによる大音量のブーイングを、DF吉田麻也(サウサンプトン)は当然のことだと受け止めた。

30日に行われたワールドカップ壮行試合。4月に慌ただしく発足した西野ジャパンの初陣にして、正式メンバー23人が発表される前日の最終選考会で、ロシア大会に出場しないガーナ代表に、それもわずか17人で2日前に来日した、時差ぼけに苦しんでいる主力不在の若手たちに完敗を喫した。

 しかも、事前に決まっていたこととはいえ、日産スタジアムのピッチでは壮行セレモニーが華やかに催され、人気音楽ユニット『ウカスカジー』の歌声が響き渡っている。試合後の取材エリアで険しい表情を浮かべた吉田は、「恥ずべき試合だったと思います」と偽らざる思いを口にした。

「勝って壮行会的なものをしてほしかった。これは間違っていると思いながら、セレモニーを見ていたんじゃないですか」

 開始早々の前半8分に、DF槙野智章(浦和レッズ)の不用意なファウルで与えた直接フリーキックを叩き込まれて先制を許した。後半6分にはGK川島永嗣(FCメス)が、ペナルティーエリア内で相手選手を倒して与えたPKを、ゴール中央へ豪快に決められた。

 4日前に練習を開始したばかりの3バックも、当然ながら機能したとは言い難い。中盤や前線で数的優位を作る青写真を描いていたものの、特に前半は左右のアウトサイドも下がる『5‐4‐1』状態でブロックを形成する時間帯が多く、どうしても後方に重心がかかってしまった。

 リベロとしてプレーしていた、キャプテンのMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)がベンチに下がった後半31分には4バックにスイッチ。前線を武藤嘉紀(マインツ)と岡崎慎司(レスター・シティ)の2トップに変えたが、ガーナの8本を上回る14本のシュートは空砲に終わった。

 日本を6大会連続6度目のワールドカップへ導いた、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を「座して死を待ちたくない。ワールドカップで勝つ確率を、1%でも2%でも上げたい」と見限った日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、独断で指揮官交代に踏み切った。

 もっとも、西野朗新監督の就任会見が行われた4月12日の時点で、チームとして活動できるのは最も早くて5月21日からになるとわかっていた。時間が極端に限られていたからこそ、西野監督はたとえけがを抱えていても、ハリルジャパンに呼ばれた経験と実績をもつ選手の招集を優先させた。

 たとえば香川真司(ボルシア・ドルトムント)は、ブンデスリーガ最終節の後半途中でピッチに立つまで約3ヵ月もの戦線離脱を強いられた。岡崎もプレミアリーグの終盤戦を欠場したまま帰国し、シーズン終盤に太ももを痛めた乾貴士(エイバル)も合宿では別メニューに終始した。

つづく

5/31(木) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000001-wordleafs-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180531-00000001-wordleafs-000-16-view.jpg

続きを読む

1 :みつを ★:2018/05/31(木) 07:33:44.63 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pkIuBUO.jpg http://www.afpbb.com/articles/-/3176609?act=all

2018年5月31日 5:57 発信地:ワシントンD.C./米国
【5月31日 AFP】ツイッター(Twitter)で人種差別的な投稿をしたとして主演ドラマを打ち切られた米女優のロザンヌ・バー(Roseanne Barr)さん(65)が、問題の投稿は睡眠薬のせいだったと釈明したことを受け、仏製薬大手サノフィ(Sanofi)は30日、自社の医薬品が人種差別を引き起こすことはないとする冷静な反論を展開した。

 バーさんは問題の投稿で、バラク・オバマ(Barack Obama)前政権で大統領上級顧問を務めたアフリカ系米国人のバレリー・ジャレット(Valerie Jarrett)氏を猿になぞらえ、非難が殺到。米ABCテレビから主演の人気コメディードラマ「ロザンヌ(Roseanne)」を打ち切られ、自身の芸能プロダクション、ICMからも契約を解除された。

 バーさんは夜間のツイッター投稿で、サノフィの睡眠障害治療薬「アンビエン(Ambien)」に言及し、「あの時は午前2時で、アンビエン(をのんで)ツイートしていた」と釈明。この投稿はその後削除された。

 これを受けてサノフィはツイッターで直ちに反論し、「サノフィでは、世界中の人々の生活を向上するため、あらゆる人種、宗教、国籍の人が毎日働いています。すべての治療薬には副作用がありますが、サノフィの医薬品の中で、人種差別が副作用として知られているものは一つもありません」と説明。この投稿は瞬く間に話題を呼んだ。

 バーさんは、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を声高に支持し、これまでツイッターを使って極右的な見解を示したり陰謀説を唱えたりしていた。(c)AFP

続きを読む

1 :Egg ★:2018/05/31(木) 07:22:44.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mp1peDK.jpg  30日、サッカー日本代表を応援し続けて40周年を迎えたキリンは、日本初となる「船上パブリックビューイング」を開催。ロシア・ワールドカップを控え、勝負を迎える今年、キリンは「We’re in the same boat.(私たちは同じ船に乗っている)」というメッセージを掲げ、3月から日本代表の航海を盛り上げてきた。

 その活動の一環として、本物の船の上で試合観戦ができる「キリンチャレンジカップ2018 日本代表対ガーナ代表」パブリックビューイングを企画。抽選で選ばれた約120人のファンが乗船し、西野朗新監督の船出を見守った。

 キックオフ直前に船は出港。会場には元日本代表の福田正博さんと仙台育英高校、中央大サッカー部出身のお笑い芸人・パンサーの尾形貴弘さんが来場し、ファンとともに東京湾から熱い声援をおくった。新たな挑戦となった3バックについて、福田さんは「良トライをしていると思う」と話し、「ただ、長友(佑都)と原口(元気)の両ウィングバックは、我慢してサイドにはってポジションを動かさないほうがいい。3バックでやっているなら、中に入っていく必要はない」と分析した。

 試合は、0−2で日本代表はガーナ代表に敗北。W杯前最後の国内調整試合を黒星で終えて、尾形さんは「悔しい。得点ですよ、得点。ゴールが欲しかった」と唇を噛んだ。一方、福田さんは「何ていうかね……。後半の立ち上がりは香川(真司)が入って、いい時間帯もあったけど、システムを変えた(4バックに変更)のは失敗。相手に合わせたことで動きが悪くなった」と話した。

 23人にしぼられるW杯メンバーの選考について、福田さんは「正直、香川の評価は難しい。最初の10分は良かったけどね……。西野さんはどうするのかな。相当悩むと思う」と話した。本田圭佑については「可もなく不可もなく。コンディションが上がってきているのは分かった」と続けた。

 日本代表は31日にW杯出場メンバー23人が決定。翌6月1日に日本を発つ。

5/31(木) 0:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00766940-soccerk-socc

続きを読む

1 :豆次郎 ★:2018/05/31(木) 06:05:07.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LiGFhzf.jpg 5/31(木) 6:01配信
川島 ミスミス2失点を猛省「迷惑をかけてしまった」
 ◇キリンチャレンジ杯 日本0—2ガーナ(2018年5月30日 日産ス)

 GK川島が痛恨の2失点を喫した。「2点とも自分のミス。迷惑をかけてしまった」。前半8分の先制点はペナルティーエリア外のFKから。壁は8人で、あえて空けていた壁と壁の間を抜けたボールを止められず。詰めていたゴール左を抜かれてしまった。

 後半6分には飛び出して来た相手をペナルティーエリア内で倒してしまい、PKを献上。「自分が出るか、出ないかの判断。しっかり判断しなくてはいけなかった」。PKも逆を突かれた。

 自身3度目のW杯を迎える。所属先メスでも当初は控えから下克上で、29戦出場の実績を残した。「今日はできなかったが、後ろから支えていかないといけない」と川島。W杯で自慢の“ドヤ顔”を復活させられるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000044-spnannex-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ